高校中退後の、好ましい行動や進路とは!?


資格取得を目指してみる

高校中退は、全てナーバスに捉えるべきではありませんがどちらかと言うと好ましいことではありません。ほとんどの高校入学者がそのまま卒業していくので、中退をすると非常に目立ってしまうからです。これから先、面接を受けることがあれば十中八九中退理由を聞かれますし、その理由が何らかのトラブルであれば採用への道は茨の道となります。

ただ、中退という事実は仕方ないことなのでプラスに変えていくしかありません。中退して余った時間を資格取得に費やすとじっくり勉強できますし、中退しても頑張ったということをアピールできます。

何の仕事を始めるか?

高校を中退して、家で引きこもっていても仕方ありませんし、いつか生活ができなくなります。それを回避する為には仕事をするしかありませんが、通常高校の進路相談や適性診断を経て自分の道を見つけていきます。中退をしたのであれば先生は助けてくれないので、自分自身や親と相談して決めていきます。

難しく考える必要はなく、何が一番したいかをシンプルに考えると進路が見えてきます。高校を中退しても卒業しても、特定の職業に挑戦するのはその人の自由だからです。その中で採用を勝ち取るには努力をする必要がありますが、決して進路が狭まるという訳ではないのでナーバスな思考は捨て去りたいです。

高認試験を受けて大学へ

高校中退=大学進学は不可能ではなく、高認試験を受けて合格すれば、受験に挑戦することができます。中退する前は勉強が嫌で仕方なかった方でも、中退して初めて勉強の素晴らしさに気付く場合があります。なのでまだ勉強したいと思えば、仕事先ではなく大学を探せば良いです。

高校中退とは、高校での勉強が嫌になり、成績が振るわなくなったり、暴力沙汰を起こしたりして、学校をやめることを言います。